解決!教育問題

競馬の存在はほとんどの人が知っていることは思いますが、競馬の騎手になるためにはどのような方法があるかを知っている人は、あまりいないことでしょう。

競馬の騎手になるためには、競馬学校を卒業して、在学中に騎手免許の試験に合格することが必須です。

競馬学校に入学するためにもかなり厳しい受験資格が敷かれていて、体重制限や裸眼での視力などが条件に満たされていなければ、受験することすらできなのです。

しかも募集している人数も少なく、平成29年4月の入学募集人数は、わずかに10人です。

晴れて競馬学校に入学したのちも、厳しい寮生活が待っています。

約3年間の在学になりますが、その間に基礎課程を学び、一年間の実践課程をトレーニングセンターで終え、再び学校に戻って疑似レースなどで実際の騎乗テクニックの習得をし、最後に騎手免許試験に合格することで、プロの競馬騎手になることができます。

過酷な過程を過ごしていくことから、まずは本当に騎手になりたいという夢を、心に強く決めることが必要となります。